外国人が日本でカードを作りたいとき審査の難易度はどう?

在留外国人が日本でクレジットカードを作る場合、どのようにすればよいのでしょうか。

 

そのへんについて詳しくご紹介していきたいと思います。

 

本国のクレジットカードでは

日本に住んでいる外国人の方は、本国でクレジットカードを作っている人が多いでしょう。日本では、ほとんどの国際ブランドが利用できます。もっぱら北米地域で使われる「DISCOVER」のようなブランドすら、JCBとの提携で利用できます。ですから、利用にあたって困ることは少ないでしょう。

 

ですが、日本に生活の根拠があって日本円で給与をもらっている人にとっては、本国のクレジットカード利用は面倒です。利用代金引落しのため、本国の通貨を本国の銀行に入金しなければなりません。

 

両替手数料もたび重なると馬鹿にはなりません。この点、日本のクレジットカード会社が発行するカードを持ち、日本の銀行から利用代金を引落ししてもらえれば、大変便利です。

 

外国人はクレジットカードを作りにくい?

日本に生活の根拠を持つ外国人には、クレジットカードを作るにあたっていくつかの障害があります。まずは、申込者の日本語の読み書きの問題があります。すべての在留外国人が日本語の読み書きがスムーズなわけではありません。

 

現在、ほぼすべてのカードはWebから申し込めますが、その際の言語は日本語しかありません。クレジットカードの規約が日本語で書かれていて、その内容を理解して申し込まなければならない以上、当然のことともいえるのですが、このことは申込みのネックとなります。

 

日本語の問題は、できる人に手伝ってもらうしかないでしょう。ただし、日常会話もおぼつかないようだと、クレジットカード会社によっては直接確認の電話がかかってきますので、その際には困ります。

 

クレジットヒストリーがないと難しい?

日本語の問題もありますが、外国人にとっての最大の問題は、「クレジットヒストリー」についてです。クレジットヒストリーは、クレジットカードの利用や、割賦販売など分割払いの履歴のことです。クレジットヒストリーは、どの国であっても重要視されるものですが、国をまたいで共有はされていません。

 

ですから、本国でクレジットカードを作った外国人であっても、日本におけるクレジットヒストリーはゼロの状態です。クレジットヒストリーがないと、クレジットカードが作り辛いのはどの国でも共通していることです。日本社会が外国人に部屋を貸してくれないなど、他の社会問題と絡めて捉えられることも多いですが、外国人がクレジットカードを作りにくいのは、必ずしも日本の排他性だけが原因ではありません。

 

クレジットヒストリーがなくてクレジットカードを作れないのは、外国人に限った話ではありません。クレジットカードを作らず使わずに、30代以上になってしまった日本人にも同様の問題があるのです。クレジットヒストリーがない原因は、「クレジットの利用履歴がゼロ」の場合もありますが、その真逆の場合もあります。

 

クレジットカードの使い過ぎ、ローンの借り過ぎ等で、過去に債務整理をして、その記録が5年以上経過し、ようやく個人信用情報からその記録が消滅した人の場合もこうなります。クレジットヒストリーがない人がカード会社に警戒されやすい理由には、このことも挙げられます。

 

むやみやたらに申込んでもダメ

クレジットカードを申込みますと、申込んだ記録が、申込者の個人信用情報に6か月記録されます。ですから、審査に落ちてしまった際に、続けて別のクレジットカードの申込みをするのは無策というものです。

 

最初にどのような理由で審査に落とされたにせよ、続けて申し込めば次も審査に落ちるのが普通です。一度、分割払いでのお買い物をするのはひとつの手です。この割賦販売の記録で、クレジットヒストリーが作られるからです。

 

作りやすいクレジットカードはある?

クレジットカードの審査は、一律ではありません。審査のハードルの低いカードと、高いカードがあることが知られています。一般的にいって、日本人にとって取得しやすいクレジットカードなら、外国人にとっても取得しやすいと考えられます。

 

外国人はカード利用代金を支払わず帰国してしまうので、それを警戒するクレジットカード会社があるなどとしばしば言われますが、審査にあたってそのように極端な判断はなされていないはずです。ただし、在留期間の残りが極端に短い場合、それを理由として審査に落ちるのは、まったく不思議なことではありません。これは申込者のほうで、事前に在留許可を更新するという対策ができます。

 

審査が厳しくないクレジットカードがどれかは、ネット上の口コミに寄らざるを得ません。実際に入手できた在留外国人の間では、次のようなカードが知られています。

 

  • 楽天カード
  • Yahoo! JAPANカード
  • イオンカード
  • ライフカード
  • セゾンカード

 

共通点は、いずれの発行元のクレジットカード会社も、カード販促に積極的だということです。国際ブランドが選べるカードがほとんどです。日本国内でカードを使う場合は「JCB」ブランドも十分に役に立ちます。セゾンカードでは「AMERICAN EXPRESS」も選べます。

人気のカードランキング

三井住友デビュープラス
初めてカードを持つならこのカード!

使い方次第でずーっと年会費無料

18歳から25歳まで限定のプレミアムな一枚

お申し込みはネットで簡単!

公式サイトへ

楽天カード
ポイントがザクザク貯まるお得なカード

ポイント優遇のお店が多いから買い物が楽しくなる!

明細確認はスマホアプリで気軽にチェック

電子マネーEdyも使えて便利!

公式サイトへ